独身寮の爆乳寮母が童貞くんに初体験させてあげる

ここは、大学・若手社会人が住む独身寮。
ここで彼らの世話をする爆乳寮母が、
夜中に勉強をがんばっている童貞君に夜食の差し入れをしています。
爆乳寮母のお気に入りの彼だったのかもしれませんね。
「たまには息抜きも必要よ」と胸チラさせながら迫る爆乳寮母。
童貞君は、目の前に迫る大きなおっぱいに視線が釘付け。
「触ったことないんでしょ、揉んでもいいのよ」
爆乳寮母は、胸を揉み吸いさせ、そのうえ童貞君に初体験までさせています。
漫画みたいなストーリーですね。
独身寮の爆乳寮母
豊満美熟女、迫る


緊張気味な五十路おばちゃん。
ほんわかした雰囲気をもった高齢女性ですね。
精神年齢は25歳くらいで停止しているかんじがしますね。
たぶん着用を命じられたのでしょうが、
透けた薄紫のセクシーランジェリーを着ています。
みっともない中年おばさんの身体が丸わかりです。
そうとうはずい姿だと思うのですが。
この五十路女性が、顔に似合わず、エロ過ぎるノーハンドフェラを披露してくれます。
50歳フェラチオ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

.